トップページ | 2004年3月 »

『ジョゼと虎と魚たち』
  - 心締め付ける[恋愛]映画 -

ジョゼと虎と魚たち
Amazonで詳しく見る

監督 犬童一心
脚本 渡辺あや
出演 妻夫木聡 / 池脇千鶴 他


=ストーリー=

雀荘でバイトする大学生の恒夫。
その雀荘では、近所で見かける老婆の噂話で持ちきり。
いつも明け方に、ボロボロの乳母車を押して歩く老婆。
乳母車の中身はミイラ?札束?それともヤク?
噂話は膨らむばかり。
ある日雀荘のマスターの愛犬を散歩していた恒夫は、噂の乳母車に遭遇する。
中身は生まれてから一度も歩いた事のないという、老婆の孫だった。
自分の事をジョゼと呼ばせる老婆の孫に、恒夫は次第に引かれていく。


この映画はラヴストーリーやなく「恋愛映画」やと思う。

ラヴストーリーは主人公の恋の行方を追っていくものが多い。
駆け引きしあったり、恋敵が現れたり。
そんな恋が始まる過程を追っていくものが多い気がする。

でもこの映画は違う。
この世に二人しかいないかの様な幸せなひとときや、もう忘れてしまいたい失恋後の喪失感を思い起こさせるリアルな恋愛。
恋愛を経験した事がある人なら、誰でも共感できる甘酸っぱさ。
そんな恋愛中の甘さと、恋愛後の苦さを描いている。

観た人の恋愛体験を刺激し、思い起こさせるからこそ
「ジョゼと虎と魚たち」は「恋愛映画」やと思う。

ところで恒夫は普通の大学生として描かれてるけど
こんなに軽いヤツが今どきの普通なん?
恒夫ってセックスフレンドがいたり、別れる前に次の子をキープしておいたり。
「今どきの普通」に疑問を持つ僕は、若い人から見れば古いタイプの人間なんやね。
でも僕は古いタイプの人間でいたいわ。
やっぱりドライより一途がええわ。


[パンフレット評]
 じっち的点数(★=1点、☆=0.5点、5点満点で評価)
  『ジョゼと虎と魚たち』パンフレット   ★★★☆

 価格   ¥800(税込)
 サイズ  小 (大・中・小 3段階評価)
 ペ−ジ数 多 (多・中・少 3段階評価)
 備考   完成披露試写会 舞台挨拶 採録
      シナリオ 2002/12/6 版準備稿付


人気blogランキング
映画関連ブログ探すならココおすすめやで

| | コメント (1) | トラックバック (2)

『花』 - 死=忘れさられてしまう事 -

花
Amazonで詳しく見る

監督 西谷真一
脚本 奥寺佐渡子
出演 大沢たかお / 柄本明 / 牧瀬里穂 /
   西田尚美 / 加瀬亮 他


=ストーリー=

亡き元妻の顔や記憶を思い出せない、弁護士の鳥越。
動脈瘤を患い、手術すれば記憶を失うかもしれず、
現実逃避するような日々を過ごすサラリーマンの野崎。
二人が東京・日本橋から鹿児島・指宿へ共に旅をするうちに、
次第に鳥越は妻の記憶を思い出し、野崎は自己を見つめ直していく。


死ぬことは恐い。
死そのものに対する恐怖心もあるけど、それだけやない気がする。
死んだ後も生前と変わらず進み続ける時間。
そんな時間の流れに、自分はいてもいなくても何の影響もない存在で、
自分の生きたという事実が誰の記憶からも消え去ってしまう恐怖。
忘れ去られてしまう恐さが、死の恐怖をより大きくしてる気がする。

続きを読む "『花』 - 死=忘れさられてしまう事 -"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

『ファインディング・ニモ』
  - 戦え!ニモ!! -

ファインディング・ニモ
Amazonで詳しく見る

監督 アンドリュ−・スタントン
脚本 アンドリュ−・スタントン / ボブ・ピーターソン /
   デイヴィッド・レイノルズ
声優 アルバート・ブルックス / エレン・デジェネレス /
   アレクサンダ−・グ−ルド / ウィレム・デフォー他


=ストーリー=

息子ニモに過保護すぎるほどの愛情を注ぐ父マ−リン。
最愛の息子ニモの初登校の日。
なんとニモがダイバーに連れ去られてしまう。
息子を救うため、マ−リンは偶然出会った健忘症のドリーと行方を追う。


この映画のタイトルを「ファイティング・ニモ」って勘違いしてる人が多いらしい。
でもこの勘違い、全くの的外れとも言われへん。

人間に連れ去られた息子を助ける道中は、イソギンチャクに隠れて暮らす
臆病なカクレクマノミのマ−リンにとっては、それこそ戦いの連続。
サメに追われ、深海魚に襲われ、毒クラゲの大群をくぐり抜け、
やっと辿り着いたシドニーではカモメに喰われそうになる。
父マ−リンだけやなく、息子のニモも戦う。
ただ助けられるのを待つだけやなく、
閉じ込められた水槽から脱出しようと必死に頑張る。
その中でも一番の戦いは、マ−リンにとっては子離れ。
ニモにとっては親離れ。

「子を思う父の愛はスゴイ、泣ける!」的なこの映画のCM。
でもこの映画の裏のテーマは
「親子それぞれにとっての自立への戦い」やと思う。

「ファイティング・ニモ」
勘違いやなくて観る前から核心ついてるなんて、みんなスゴイやん。

僕も親になったら、子離れっていう自立との戦いが待ってるんやね。
息子なら大丈夫やろうけど、娘やったらどうしよう。
彼氏を紹介されてオドオド。結婚式では号泣してたりして(笑)
僕もマ−リンのように強くてカッコイイお父さんになれるとエエんやけど・・・。


[パンフレット評]
 じっち的点数(★=1点、☆=0.5点、5点満点で評価)
  『ファインディング・ニモ』パンフレット   ★★★★☆

 価格   ¥600(税込)
 サイズ  小 (大・中・小 3段階評価)
 ペ−ジ数 多 (多・中・少 3段階評価)
 備考   さかなクンのお魚解説、各キャラクタ−のシ−ル付


人気blogランキング
映画関連ブログ探すならココおすすめやで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめて当ブログに来られた方へ

 ~Life with cinema~
もっと気軽に映画を楽しみたい!

これを心に年間100本程の映画を劇場で日々鑑賞しとります。
そしていい意味でも悪い意味でも『これは!』という作品に出合えたときは
このブログへそのときに浮かんだ想いをボチボチ綴ってます。
このブログの記事を読んで
「私の大好きな作品をけなされた!」とか
「あんなくだらないのを絶賛してんで…」など
みなさんと意見が食い違うことがあるかもしれませんが
「へぇ〜、こんな見方もあるんや」と寛大な心で読んでもらえたら嬉しいです。
たまにネタバレ覚悟で書くこともあるので、ご注意を!!
それでは当ブログをゆるゆると楽しんでいって下さい〜。

| | コメント (2)

トップページ | 2004年3月 »