« 『スウィングガ−ルズ』舞台挨拶 | トップページ | 『ヴィレッジ』
   - どんでん返しだけちゃうで - »

『スウィングガ−ルズ』
  - やっぱ音楽ってエエわ -

スウィングガールズ
Amazonで詳しく見る

監督 矢口史靖
脚本 矢口史靖
出演 上野樹里 / 貫地谷しほり / 本仮屋ユイカ /
   豊島由佳梨 / 平岡祐太 他


=ストーリー=

補習をサボるためにお弁当にあたった吹奏楽部の代役を
つとめることになった友子ら16人。
不純な動機で始めたはずがジャズの面白さにハマリだし
学生音楽祭出場に向け動き出す。


楽器始めよかなぁ〜。
単純にも程があるけど、観終わった後
真剣にそう思ったわ。

『燃えよドラゴン』観た後、自分が強くなったような錯覚。
劇場から出た後、肩で風切るぐらいの勢いで歩いてまうあの感覚。
余韻にひたるどころか引きずりっぱなしで
家路に着くあの感じ。
それに近いモンがこの映画にはあるわ。

家に着くまでの道で
いつもは見もせえへん楽器屋さんのショーウインドウが
気になって仕方なかったもんなぁ。

僕もジャズに出会う前の友子に似て飽きっぽいから
時間がないとか金がないとか
自分に色々言い訳して三日坊主の連続。
あれだけハマれるモノに出合えるなんて羨ましいわ。

「補習サボる口実で始めたモノに
 あんな短期間やっただけでそんなにハマってまうか?」

ってツッコミ入れる人もおるやろうやけど、
飽きっぽくて、ハマった経験のない友子やからこそ
あそこまでハマってまう一目惚れやったんちゃうかなぁ。
『なんかいぐね〜、いぐね〜!』
友子のハマりっぷりはこのセリフにめっちゃあらわれてたわ。

はしょり過ぎの展開やったり
他にもツッコミ所満載やけど
全ては最後のライブシーンにつながる
スウィング感のためやったんやと思うで。

あのライブシーン、さすがに手拍子はせんかったけど
勝手に足が動いてリズムとってたもんなぁ。
矢口監督のつくり出したスウィング感に
簡単にのせられてもうたわ。
隣の席の人には迷惑やったかも知れんね。
直接言われへんけどこのブログで謝っとこ、
ごめんなさい。

Mac好きな僕としては
シール貼りまくりのiMacの姿が涙を誘ったけど
友子の名パートナーになったサックスの
購入資金に姿を変えたんやからヨシとしよか。


[パンフレット評]
 じっち的点数(★=1点、☆=0.5点、5点満点で評価)
  『スウィングガ−ルズ』パンフレット   ★★★★

 価格   ¥600(税込)
 サイズ  小 (大・中・小 3段階評価)
 ペ−ジ数 中 (多・中・少 3段階評価)
 備考   本編中にながれたジャズナンバ−の解説付
      ビッグジャズバンド・ヒストリ−掲載
      ド−ナツ盤風ジャケット

人気blogランキング
映画関連ブログ探すならココおすすめやで

|

« 『スウィングガ−ルズ』舞台挨拶 | トップページ | 『ヴィレッジ』
   - どんでん返しだけちゃうで - »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11603/1417333

この記事へのトラックバック一覧です: 『スウィングガ−ルズ』
  - やっぱ音楽ってエエわ -
:

» 矢口監督舞台挨拶(2回目)『スウィングガールズ』 [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
昨日、富山県のファボーレTOHOで矢口監督とプロデューサーの舞台挨拶が上映後にありました。 金曜の新聞に案内が載っていたので、結構お客さんが一杯です。ファボーレ... [続きを読む]

受信: 2004.11.11 00:00

« 『スウィングガ−ルズ』舞台挨拶 | トップページ | 『ヴィレッジ』
   - どんでん返しだけちゃうで - »