« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

『父、帰る』
  - 言わな分からん -

監督 アンドレイ・ズビャギンツェフ
脚本 ウラジミ−ル・モイセエンコ / アレクサンドル・ノヴォトツキ−
出演 イワン・ドブロヌラヴォフ / ウラジミ−ル・ガ−リン /
   コンスタンチン・ラヴロネンコ 他


=ストーリー=

写真でしか見た事のない父さんが
12年ぶりに帰ってきた。
突然のことに戸惑う兄弟。
父は何も語らず、二人を湖への小旅行に誘う。


言葉ってほんま大事やで!

長年連れ添った夫婦なら何を考えてるか
言わなくてもだいたい分かるって人もおる。
サッカ−で言うところのアイコンタクトってやつやね。

でもそれはお互いの信頼関係がなせる技やん。

この映画の兄弟にとって
写真で見た事しかない父は
いくら血がつながっていても
他人っていってもエエぐらい接した記憶がないんやで。
それやのに、お互い何も話さずギクシャクしたまんま。
そりゃ子供達からしたらどう接してエエか分からんと思うわ。

じゃあ父親が歩み寄ればエエんやけど、
恐ろしく不器用であまりにも素っ気無い態度で接してまうねん。
12年間どこにいたかの説明も全くなしやで。
父親は母親にくらべて子供と接するのが下手かも知れんけど、
もうちょっと頑張らな。
12年間の溝を埋めるために旅行に誘ったんちゃうの?
もっと話せよ、父!

そんなんやから一向にお互いの気持ちが近づかへん。
兄は幼い時に父と接した記憶がほんの少し残ってるから
どんなに父に突き放されても、
なんとかコミュニケーションとろうと努力してる。
でも弟は父との思い出がまったくないから、
ほんまにこいつは父親なんかっていう疑いが膨らみだして
粗暴な態度の父に憎しみすら抱いてまう。
歩み寄ろうとする兄の行動にすら反感をおぼえるねんな。

観てる側は神の視点やから
親子双方の、気持ちはあるのにまったく伝わらへん展開に
焦れったくてやきもきしてまう。

お互いの気持ちに気付かんまんま、
猜疑心と憎しみで我慢の限界を超えてもうた弟がとった
行動のせいで最後には・・・。

こんな展開ありなん?
父と子の気持ちが分かってるからこそ、
この希望のない終わり方は
あまりにも重い。重すぎるわ。

この終わり方は逆説的に
「話さなければ思いは伝わらない」
ってことなんやろうけど
僕としては受け止めるには重過ぎて辛いわ。

「男のしゃべりはみっともない」っていうけど、
伝わらんまんま嫌な思いするぐらいやったら
煙たがられても話し掛けなアカンよなぁ。
話過ぎも黙り過ぎもアカンってことは分かってるんやけど、
このさじ加減は難しいわ。


[パンフレット評]
 じっち的点数(★=1点、☆=0.5点、5点満点で評価)
  『父、帰る』パンフレット   ★★★

 価格   ¥700(税込)
 サイズ  小 (大・中・小 3段階評価)
 ペ−ジ数 中 (多・中・少 3段階評価)
 備考   劇中に登場する謎は最後まで全く明かされへんけど
      パンフレットを読んでも謎について一切ふれてへん。
      謎解きには全然役にたちません。
      監督にとってはそんな細かいトコはどうでもエエんやろね。


人気blogランキング
映画関連ブログ探すならココおすすめやで

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »