『ヴィレッジ』
   - どんでん返しだけちゃうで -

ヴィレッジ
Amazonで詳しく見る

監督 M・ナイト・シャマラン
脚本 M・ナイト・シャマラン
出演 ホアキン・フェニックス / エイドリアン・ブロディ /
   シガニ−・ウィ−バ− / ウィリアム・ハ−ト /
   ブライス・ダラス・ハワ−ド 他


=ストーリー=

 その森に入ってはならない。<彼ら>が待っている。
 不吉な赤い色を、封印せよ。<彼ら>を呼び寄せる。
 警告の鐘に、注意せよ。<彼ら>がやってくる・・・。

三つの掟に守られた地上の楽園のような小さな村。
だが掟は破られ、村の家々のドアには
血のような赤い無気味な印が。
これは<彼ら>の警告なのか?


この映画はネタバレせんように書かんとアカンから書きにくいなぁ。

M・ナイト・シャマラン監督は良くも悪くも
『シックス・センス』の影響を今も引きずらされてるわ。

知名度も上がったし、すごい作品をつくれる実力も認められたけど
観る側は「次はどんなどんでん返しがあるんや」
っていう見方でしか期待してないもんなぁ。
CMもそんな観る側の気持ちを煽ってるだけで
この作品をちゃんと宣伝してない気がするわ。

M・ナイト・シャマラン監督にとってアッと驚くラストは、
描きたいテーマに対する
スパイスぐらいな位置付けなんちゃうかなぁ。

そういうギミックだけを期待して観に行くと
監督が伝えたいテーマを見過ごしてまうから、
そこのトコを抜きにして観て欲しいわ。
一度観てつまらん!って思った人も
そんな見方で観てみると
感想が変わってくると思うで。


[パンフレット評]
 じっち的点数(★=1点、☆=0.5点、5点満点で評価)
  『ヴィレッジ』パンフレット   ★★★

 価格   ¥600(税込)
 サイズ  中 (大・中・小 3段階評価)
 ペ−ジ数 多 (多・中・少 3段階評価)
 備考   ストーリーに関する内容が掲載されてるから
      映画を観る前に読まない方がエエで。


人気blogランキング
映画関連ブログ探すならココおすすめやで

| | コメント (2) | トラックバック (1)

『海猿』 -頑張るワカゾウ-

海猿
Amazonで詳しく見る

監督 羽住英一郎
脚本 福田靖
出演 伊藤英明 / 加藤あい / 伊藤淳史 /
   香里奈 / 國村隼 / 藤竜也 他


=ストーリー=

海難救助の最前線、潜水士を目指して訓練を続ける
仙崎ら14名の海上保安官たち。
バディの工藤に足を引っ張られつつも、共に協力をして
訓練をこなしていく仙崎。
そんななか工藤が事故に巻き込まれてしまう。


僕は泳げない。かなづち。

小学校4年生の時の担任の先生がクラスメイトとは別メニュ−で
色々教えてくれはってんけど、結局上達せず。
時間を割いて教えてもらったのに、何の進歩もなく
申し訳ないです、先生。

それ以後、中学・高校でのプールの授業は苦痛でしかなかった。
体は浮くんやけど、息継ぎができへん。
息継ぎしようと水面から顔を出すんやけど、どうしても口だけは
水面から出えへんくて、息を吸わんと水を大量に飲んでしまう。
平泳ぎは顔を水面から出したまま、犬かきみたいにもがくだけ。
クロールは息が続く限り進んでは立ち、進んでは立って呼吸する。
足で蹴った勢いだけで進んでるから、2、3メートル進むだけ。
とても泳いでるようには見えへん。

そんな僕やから工藤の気持ちが痛いぐらいにわかる。
バディの足を引っ張ってしまって落ち込む工藤。
僕も授業でリレ−をやった時に僕と組まされたクラスメ−トに
「ほんま、ごめんなぁ」と恐縮するばかり。

いつもは冷静に映画を観るんやけど、工藤に共感できたからこそ
普段以上にのめり込んで観れた。

努力し続ける工藤に、思わず頑張れとエ−ルを送り、
助けてくれる仲間達の友情に『あぁ、ええなぁ』と胸を熱くする。
社会人になったら、男の熱い友情なんて
なかなかお目にかかれへんから、ちょっと羨ましくなったわ。

海上保安庁に限らず、危険ななか人命を救助する方々には
ほんま頭が下がるわ。
僕みたいなかなづちは海上保安庁にお世話になる確率が
高いやろうから、その時はよろしくお願いします。

最初からお世話になるつもりでおらんと、
工藤を見習って少しは泳げるように努力せなアカンかな。
まずは息継ぎの練習からやね。


[パンフレット評]
 じっち的点数(★=1点、☆=0.5点、5点満点で評価)
  『海猿』パンフレット   ★★★☆

 価格   ¥600(税込)
 サイズ  中 (大・中・小 3段階評価)
 ペ−ジ数 多 (多・中・少 3段階評価)
 備考   潜水士用語・潜水士装備解説付
      スタッフ・出演者直筆メッセ−ジ付


人気blogランキング
映画関連ブログ探すならココおすすめやで

| | コメント (0) | トラックバック (0)