続・祝、受賞!!

やっぱね、日本のアニメの力はすごいんよ!!!

  Photo_4
   ↑原作の絵本とDVD

続きを読む "続・祝、受賞!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝、受賞!!

映画好き、いや
邦画好きな僕としては
嬉しさのあまり黙ってられへん
書かずにおれへん、この話題。

続きを読む "祝、受賞!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『笑の大学』 −ベタがエエねん−

warainodaigaku
Amazonで詳しく見る

監督 星護
脚本 三谷幸喜
出演 役所広司 / 稲垣吾郎 他


=ストーリー=

昭和15年。中国との戦争の真っただ中という時代。
国の非常時に『笑』などとんでもないと弾圧をしようとする検閲官・向坂睦男。
自分にとって大切な『笑』を守るために戦う喜劇劇団の座付作家・椿一。
台本の検閲のため取調室という密室で出会ったふたり。
上映禁止に持ち込むために無理難題を押し付ける向坂。
それをすり抜けさらに面白い台本に書き直していく椿。
書き直す度に面白くなっていく台本。
そんなやりとりを繰り返すうち、立場の相反するふたりに友情が芽生え
協力し完璧なコメディーを創り上げていく。


笑いのツボはベタな言葉のやりとり(主にダジャレ)。
悪い人は誰も出てこない。
密室で起こるふたりだけのストーリー。
最後にほろりとさせる展開。

この映画を箇条書きにしたら、とんでもなく地味で
つまらん感じになってまうなぁ。
間違ってはないけど、これだけやったら
この映画の魅力は1%も伝わらんわな。

確かにおどろくようなどんでん返しもなく地味な展開やし、
CGばりばりのすごい映像が拝める訳でもない。

でもベタやけど観客に笑いを提供し
原作者・三谷幸喜の『笑』に対する熱いメッセージを投げかけ、
最後には反戦をからめた主人公二人の友情にほろりとさせる。

早い・安い・旨い、やないけど
泣いて・笑って・考えさせられる
三拍子揃った良質の映画やで。

これって『寅さん』シリーズに代表される
邦画のエエとこを継承してるやん。
偉大なるマンネリズムやね。

地味でベタな展開は何も刺激が得られへんからって敬遠されがちやけど
裏を返せば安心して観られることになるよな。
「これは芸術やから、解る奴だけ解ればエエ」
みたいな観客を突き放した映画より
観る人を楽しませようとする気持ちが
いっぱい詰まったエンターテインメントやで。
人それぞれ価値観が違うから決めつけられへんけど
同じチケット代払うなら、どっちの映画に金払いたくなる?

それにこの映画には『毒』を感じへんのもエエとこやわ。
おやじギャグやって嫌がられそうなベタなダジャレが
毒がなくて逆にこの映画の魅力になってんねん。
現実がキナ臭い事だらけやったり、
ゾッとしたりゲンナリしたりする事ばっかりやのに
金払ってまで嫌な気分になりたくないやん。

毒舌を売りにして人の悪口ばっか言ってトークを成立させてる
バラエティー番組とかあるやん。
普段言えない事を代弁してくれてるみたいでスカッとするけど
僕にとっては心地よくはないなぁ。
あっ、これも一種の毒舌かも。

動物や子供を扱った心あたたまる感動とは違うけど
嫌な思いを引きずらせない、『笑』で気持ちをほっこりさせるエエ映画。
それが『笑の大学』やねん。


[パンフレット評]
 じっち的点数(★=1点、☆=0.5点、5点満点で評価)
  『笑の大学』パンフレット   ★★★★

 価格   ¥600(税込)
 サイズ  小 (大・中・小 3段階評価)
 ペ−ジ数 中 (多・中・少 3段階評価)
 備考   椿一のモデルとなったエノケン劇団文芸部・菊谷栄について掲載


人気blogランキング
人気blogランキングに参加中!ご協力お願い致します
映画関連ブログ探すならココおすすめやで!

| | コメント (2) | トラックバック (8)

『スウィングガ−ルズ』
  - やっぱ音楽ってエエわ -

スウィングガールズ
Amazonで詳しく見る

監督 矢口史靖
脚本 矢口史靖
出演 上野樹里 / 貫地谷しほり / 本仮屋ユイカ /
   豊島由佳梨 / 平岡祐太 他


=ストーリー=

補習をサボるためにお弁当にあたった吹奏楽部の代役を
つとめることになった友子ら16人。
不純な動機で始めたはずがジャズの面白さにハマリだし
学生音楽祭出場に向け動き出す。


楽器始めよかなぁ〜。
単純にも程があるけど、観終わった後
真剣にそう思ったわ。

『燃えよドラゴン』観た後、自分が強くなったような錯覚。
劇場から出た後、肩で風切るぐらいの勢いで歩いてまうあの感覚。
余韻にひたるどころか引きずりっぱなしで
家路に着くあの感じ。
それに近いモンがこの映画にはあるわ。

家に着くまでの道で
いつもは見もせえへん楽器屋さんのショーウインドウが
気になって仕方なかったもんなぁ。

僕もジャズに出会う前の友子に似て飽きっぽいから
時間がないとか金がないとか
自分に色々言い訳して三日坊主の連続。
あれだけハマれるモノに出合えるなんて羨ましいわ。

「補習サボる口実で始めたモノに
 あんな短期間やっただけでそんなにハマってまうか?」

ってツッコミ入れる人もおるやろうやけど、
飽きっぽくて、ハマった経験のない友子やからこそ
あそこまでハマってまう一目惚れやったんちゃうかなぁ。
『なんかいぐね〜、いぐね〜!』
友子のハマりっぷりはこのセリフにめっちゃあらわれてたわ。

はしょり過ぎの展開やったり
他にもツッコミ所満載やけど
全ては最後のライブシーンにつながる
スウィング感のためやったんやと思うで。

あのライブシーン、さすがに手拍子はせんかったけど
勝手に足が動いてリズムとってたもんなぁ。
矢口監督のつくり出したスウィング感に
簡単にのせられてもうたわ。
隣の席の人には迷惑やったかも知れんね。
直接言われへんけどこのブログで謝っとこ、
ごめんなさい。

Mac好きな僕としては
シール貼りまくりのiMacの姿が涙を誘ったけど
友子の名パートナーになったサックスの
購入資金に姿を変えたんやからヨシとしよか。


[パンフレット評]
 じっち的点数(★=1点、☆=0.5点、5点満点で評価)
  『スウィングガ−ルズ』パンフレット   ★★★★

 価格   ¥600(税込)
 サイズ  小 (大・中・小 3段階評価)
 ペ−ジ数 中 (多・中・少 3段階評価)
 備考   本編中にながれたジャズナンバ−の解説付
      ビッグジャズバンド・ヒストリ−掲載
      ド−ナツ盤風ジャケット

人気blogランキング
映画関連ブログ探すならココおすすめやで

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『海猿』 -頑張るワカゾウ-

海猿
Amazonで詳しく見る

監督 羽住英一郎
脚本 福田靖
出演 伊藤英明 / 加藤あい / 伊藤淳史 /
   香里奈 / 國村隼 / 藤竜也 他


=ストーリー=

海難救助の最前線、潜水士を目指して訓練を続ける
仙崎ら14名の海上保安官たち。
バディの工藤に足を引っ張られつつも、共に協力をして
訓練をこなしていく仙崎。
そんななか工藤が事故に巻き込まれてしまう。


僕は泳げない。かなづち。

小学校4年生の時の担任の先生がクラスメイトとは別メニュ−で
色々教えてくれはってんけど、結局上達せず。
時間を割いて教えてもらったのに、何の進歩もなく
申し訳ないです、先生。

それ以後、中学・高校でのプールの授業は苦痛でしかなかった。
体は浮くんやけど、息継ぎができへん。
息継ぎしようと水面から顔を出すんやけど、どうしても口だけは
水面から出えへんくて、息を吸わんと水を大量に飲んでしまう。
平泳ぎは顔を水面から出したまま、犬かきみたいにもがくだけ。
クロールは息が続く限り進んでは立ち、進んでは立って呼吸する。
足で蹴った勢いだけで進んでるから、2、3メートル進むだけ。
とても泳いでるようには見えへん。

そんな僕やから工藤の気持ちが痛いぐらいにわかる。
バディの足を引っ張ってしまって落ち込む工藤。
僕も授業でリレ−をやった時に僕と組まされたクラスメ−トに
「ほんま、ごめんなぁ」と恐縮するばかり。

いつもは冷静に映画を観るんやけど、工藤に共感できたからこそ
普段以上にのめり込んで観れた。

努力し続ける工藤に、思わず頑張れとエ−ルを送り、
助けてくれる仲間達の友情に『あぁ、ええなぁ』と胸を熱くする。
社会人になったら、男の熱い友情なんて
なかなかお目にかかれへんから、ちょっと羨ましくなったわ。

海上保安庁に限らず、危険ななか人命を救助する方々には
ほんま頭が下がるわ。
僕みたいなかなづちは海上保安庁にお世話になる確率が
高いやろうから、その時はよろしくお願いします。

最初からお世話になるつもりでおらんと、
工藤を見習って少しは泳げるように努力せなアカンかな。
まずは息継ぎの練習からやね。


[パンフレット評]
 じっち的点数(★=1点、☆=0.5点、5点満点で評価)
  『海猿』パンフレット   ★★★☆

 価格   ¥600(税込)
 サイズ  中 (大・中・小 3段階評価)
 ペ−ジ数 多 (多・中・少 3段階評価)
 備考   潜水士用語・潜水士装備解説付
      スタッフ・出演者直筆メッセ−ジ付


人気blogランキング
映画関連ブログ探すならココおすすめやで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『深呼吸の必要』
  -「なんくるないさぁ」と言える強さ -

深呼吸の必要
Amazonで詳しく見る

監督 篠原哲雄
脚本 長谷川康夫
出演 香里奈 / 谷原章介 / 成宮寛貴 / 金子さやか /
   久遠さやか / 長澤まさみ / 大森南朋 他


=ストーリー=

『きび刈り隊』=人手不足な農家のさとうきび収穫を手伝うアルバイト。
        滞在中、寝食を共にし、ただひたすらきびを刈り続ける。

きび刈り隊募集の告知に応募してきた若者達が
沖縄のとある離島に集まる。
それぞれ言いたくない事情を抱えた彼等は、
どこかギクシャクしたまま作業を続ける。
初心者ゆえの不器用さから、なかなかきび刈りの効率があがらず
期限までにきびを刈り終える事ができそうにない。
そんな矢先きび刈り隊の先輩田所が大怪我をしてしまい、
さらに効率がさがってしまう。
期限まで後10日。彼等は期限に間に合うのか・・・。


この映画は自己再生がテーマの作品。
でも登場人物達が抱える問題は、具体的に語られることはあらへん。
それどころか劇的な体験をして、それをきっかけに成長していく訳でもない。
ただ淡々ときび刈り作業をこなしていく毎日を過ごすだけ。

それやのに、きび刈り隊の7人の若者達がラストで見せる精悍な顔つきは、
それぞれが抱える問題に向き合える、前向きな強さを得る事ができた表情やねん。
それはただ黙々と作業し続けることが『深呼吸』する事と同じ意味を
もっていたから、あの7人はあそこまでいい顔つきになれたんやと思う。

「最近時間の流れが早く感じるなぁ」って人が多いと思う。

仕事に追われたり、世の中に溢れる情報から
取り残されないように必死にしがみつく。
恋愛や会社の人間関係なんかで悩まされ続けて
ゆったり心安らげる時間を過ごす機会が減ってる。
誰が作ったんかは知らんけど、世の中の流れは
効率重視で急ぎ続け、消費し続ける事を要求してくるねん。
自分のペースやなく、そんな世の中の流れに揉まれ過ぎてるから
時間が早く感じるんやわ。

誰にだって問題を抱える事はある。
で、それを乗り越える力もある。
でも世の中の早さに流されてるせいで、
ちょっとした問題でも乗り超えられへんぐらいの衝撃でぶつかってしまう。
そんな日々に疲れてるから、癒しブームなんてモノが現れるんやわ。

この映画での『深呼吸』って、日々の早い流れから逸れて
自分のペースに戻ることやねん。
ゆっくり進めば、ぶつかる問題にも、乗り越える準備ができるし、
ぶつかったとしてもそんなに激しい衝撃を感じないで済むやん。

7人の若者達にとってのきび刈りは
自分のペースを取り戻す『深呼吸』をするきっかけやってん。

早起きして、しっかり飯喰って、バリバリ働く。
仕事の充実感を感じながら、また次の日に向けてぐっすり眠る。
生きるのに最低限必要な事だけで、余計な事をせんから
気持ちに余裕ができてくるねん。
問題が起こったって、余裕があるから、この作品のおじぃやおばぁみたいに

「なんくるないさぁ(どうってことない)」

ってどっしり構えてられるんやわ。

『深呼吸の必要』に迫られてるんは哀しい事やけど
『深呼吸』する事はそんなに難しいことやないでって
この映画から教わったわ。

僕にとっての『深呼吸』ってなんやろう?
「なんくるないさぁ」って思える力を与えてくれる
この作品みたいな映画にこれからも出会えることやろね。


[パンフレット評]
 じっち的点数(★=1点、☆=0.5点、5点満点で評価)
  『深呼吸の必要』パンフレット   ★★★☆

 価格   ¥600(税込)
 サイズ  小 (大・中・小 3段階評価)
 ペ−ジ数 中 (多・中・少 3段階評価)
 備考   さとうきびの刈り方図解付
      映画主題歌「深呼吸の必要」歌詞掲載
      長田弘詩集『深呼吸の必要』より
      「あのときかもしれない・一」掲載


人気blogランキング
映画関連のブログを探すならココをクリック

| | コメント (0) | トラックバック (2)

『キュ−ティ−ハニ−』 - 愛すべきアホ -

キューティーハニー
Amazonで詳しく見る

監督 庵野秀明
脚本 高橋留美 / 庵野秀明
出演 佐藤江梨子 / 市川実日子 / 村上淳 他


=ストーリー=

一年前に生まれたアンドロイド、キュ−ティ−ハニ−。
如月博士が開発した究極の技術『Iシステム』をねらう
秘密結社パンサ−クロ−。
『Iシステム』本体であるチョ−カ−を持つハニ−に
パンサ−クロ−の魔の手が伸びる。


僕の使う『アホ』って言葉にはいくつか違う意味があって
その時々で使い分けてる。

 1・・辞書に載ってるどおり、人をけなすとき
 2・・言葉自体に全く意味がなく、合いの手ようなモノで
    人の話にツッコミをいれるとき
 3・・間の抜けたような、なさけない感じやねんけど
    なぜか愛おしく感じるモノに対して評価するとき

ちなみに上記1と『バカ』の意味は同じでも
関西人の僕にとっては全然違うって言っていいぐらいの言葉。

『バカ』は冷たく突き放した言葉。
『アホ』はけなしつつも、ほんのわずかやけど
言葉に愛情が含まれてる。

関西人みんながそう感じる訳やないけど、僕がそう感じる
理由の中には『関西人の血』が少しは関係してると思う。

で、この映画『キュ−ティ−ハニ−』
「『アホ』な映画やなぁ〜」っていうのが僕の感想。

観てるこっちが恥ずかしくなるくらいのケレン味たっぷりな内容。
リアリティ−を求め過ぎてる最近の映画にはない、ふざけっぷり。

服の代わりに下着姿をゴミ袋で隠して、町中を走る主人公。
海ほたるが大渋滞になるくらいの、何百台ものパトカ−の群れ。
パンサ−クロ−のアジトに地下から突き上げられた東京タワ−が
最後には元の位置にきれいにスッポリおさまったりする。

でも、ふざけっぱなしでは終わらず
この映画は愛をテ−マとして語っている。

生い立ちや環境を乗り越えた上でのハニ−の
「それでも好き」と言える芯の強い愛情の深さ。
例えるならヤクルトスワロ−ズの五十嵐投手なみの豪速球のような
ど真ん中直球のベタな愛をテ−マにしている。

リアリティ−重視の映画の中で愛を語ると
「何を青臭い事言ってんねん!」と冷めた目で
見られがちになると思う。
でもこのケレン味たっぷりの世界観が、青臭さを
中和してくれて、ど真ん中直球の愛っていうテ−マを
照れずに受け止める事ができる。

見た目カッコ悪いが芯では熱く語ってるこの映画って
正しくないかもしれんけど、ウルフルズのAAP(アホアホパワ−)に
通じるモノがあると思う。

普段の生活の中に笑いや『ボケとツッコミ』が染み付いてる
関西人にとっては理解しやすい『ダサかっこいい』感覚が
詰まったこの映画。
関西人の僕やからこそ『キュ−ティ−ハニ−』は
「『アホ』な映画やなぁ〜」と感じる
愛すべき作品の一つなんやわ。


[パンフレット評]
 じっち的点数(★=1点、☆=0.5点、5点満点で評価)
  『キュ−ティ−ハニ−』パンフレット   ★★★☆

 価格   ¥700(税込)
 サイズ  小 (大・中・小 3段階評価)
 ペ−ジ数 多 (多・中・少 3段階評価)
 備考   story comic 付


人気blogランキング
映画関連ブログ探すならココおすすめやで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ジョゼと虎と魚たち』
  - 心締め付ける[恋愛]映画 -

ジョゼと虎と魚たち
Amazonで詳しく見る

監督 犬童一心
脚本 渡辺あや
出演 妻夫木聡 / 池脇千鶴 他


=ストーリー=

雀荘でバイトする大学生の恒夫。
その雀荘では、近所で見かける老婆の噂話で持ちきり。
いつも明け方に、ボロボロの乳母車を押して歩く老婆。
乳母車の中身はミイラ?札束?それともヤク?
噂話は膨らむばかり。
ある日雀荘のマスターの愛犬を散歩していた恒夫は、噂の乳母車に遭遇する。
中身は生まれてから一度も歩いた事のないという、老婆の孫だった。
自分の事をジョゼと呼ばせる老婆の孫に、恒夫は次第に引かれていく。


この映画はラヴストーリーやなく「恋愛映画」やと思う。

ラヴストーリーは主人公の恋の行方を追っていくものが多い。
駆け引きしあったり、恋敵が現れたり。
そんな恋が始まる過程を追っていくものが多い気がする。

でもこの映画は違う。
この世に二人しかいないかの様な幸せなひとときや、もう忘れてしまいたい失恋後の喪失感を思い起こさせるリアルな恋愛。
恋愛を経験した事がある人なら、誰でも共感できる甘酸っぱさ。
そんな恋愛中の甘さと、恋愛後の苦さを描いている。

観た人の恋愛体験を刺激し、思い起こさせるからこそ
「ジョゼと虎と魚たち」は「恋愛映画」やと思う。

ところで恒夫は普通の大学生として描かれてるけど
こんなに軽いヤツが今どきの普通なん?
恒夫ってセックスフレンドがいたり、別れる前に次の子をキープしておいたり。
「今どきの普通」に疑問を持つ僕は、若い人から見れば古いタイプの人間なんやね。
でも僕は古いタイプの人間でいたいわ。
やっぱりドライより一途がええわ。


[パンフレット評]
 じっち的点数(★=1点、☆=0.5点、5点満点で評価)
  『ジョゼと虎と魚たち』パンフレット   ★★★☆

 価格   ¥800(税込)
 サイズ  小 (大・中・小 3段階評価)
 ペ−ジ数 多 (多・中・少 3段階評価)
 備考   完成披露試写会 舞台挨拶 採録
      シナリオ 2002/12/6 版準備稿付


人気blogランキング
映画関連ブログ探すならココおすすめやで

| | コメント (1) | トラックバック (2)

『花』 - 死=忘れさられてしまう事 -

花
Amazonで詳しく見る

監督 西谷真一
脚本 奥寺佐渡子
出演 大沢たかお / 柄本明 / 牧瀬里穂 /
   西田尚美 / 加瀬亮 他


=ストーリー=

亡き元妻の顔や記憶を思い出せない、弁護士の鳥越。
動脈瘤を患い、手術すれば記憶を失うかもしれず、
現実逃避するような日々を過ごすサラリーマンの野崎。
二人が東京・日本橋から鹿児島・指宿へ共に旅をするうちに、
次第に鳥越は妻の記憶を思い出し、野崎は自己を見つめ直していく。


死ぬことは恐い。
死そのものに対する恐怖心もあるけど、それだけやない気がする。
死んだ後も生前と変わらず進み続ける時間。
そんな時間の流れに、自分はいてもいなくても何の影響もない存在で、
自分の生きたという事実が誰の記憶からも消え去ってしまう恐怖。
忘れ去られてしまう恐さが、死の恐怖をより大きくしてる気がする。

続きを読む "『花』 - 死=忘れさられてしまう事 -"

| | コメント (1) | トラックバック (1)